長浜勤の俳句

帯黎抄 第5号 2021年5月1日発行

冬の梅種火のにほひまとひたる
大寒の電球きゆつと廻しけり
凍滝にうすむらさきの力かな
水汲みの当番春の立ちにけり
雁ゆきて前に傾く老教師
両膝を畳について睦月かな
桃咲いてまばゆき猫の通りけり
手に握る化石のくぼみ蝶の昼
志立ててうぐひす間近なり

帯黎抄 第4号 2021年2月1日発行

栗剥いて家に暗がりありにけり
身にしむや父の紙撚の美しき
椋の実に肩甲骨をよせにけり
あめつちは金木犀の中にあり
狐火や彼方に水のひびきあり
茶が咲いて正客となる赤ん坊
嘘ばかりついて白菜持たさるる
巷より枯菊にまでもどりけり
極月や某氏推薦図書を手に

句会紹介

 句会の日程はコロナ禍により変更をすることがありますので、必ずお問い合わせ下さい。
 当季とあるのは、その季節の季語の俳句を持参することです。雑詠とは、題がとくにないことを示しています。
 

句会に直接参加できない事情がある時は、欠席投句ができます。お問い合わせ下さい。

帯中央例会
川口句会
当季雑詠5句。句会費1500円。リリア11階にて受付。第4土曜日。午後1時より。体験参加もできます。毎月20人参加。帯の本部句会。
さわらび会
初心者歓迎
当季雑詠5句。令和2年夏に発足した句会。蕨くるる3階。句会費1000円。初心者歓迎見学も可。4月は8人参加。蕨市民が中心。
麗の会 当季雑詠5句。高麗の郷にて。句会費1000円。第3日曜日午後1時半より。日高、飯能の方が多いです。4月は15人参加。
芯の会。インターネット句会 中央例会に参加できない地域にお住まいの方が対象の句会。
入門教室 俳句入門教室も随時開催。お問い合わせ下さい。

powered by crayon(クレヨン)